三ヶ日花火大会 2018

最終更新日

静岡県浜松市北区で開催される「三ヶ日花火大会(みっかびはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の三ヶ日花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/5(日)
毎年8月第1日曜
19:30~20:30
荒天の場合 打ち上げ数
中止(雨天決行) 約2,500発
参考リンク お問い合わせ
http://mikkabi.jp/ 053-524-1121
三ケ日花火大会実行委員会
注意

こちらは 2019年1月13日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

三ヶ日花火大会の会場は、浜松市北区にある「三ヶ日猪鼻湖上」です。

天竜浜名湖鉄道三ヶ日駅から東南へ徒歩15分。

JR浜松駅からバスで1時間30分 宇志下車、徒歩3分。

東名高速道路三ヶ日ICから国道362号を三ヶ日駅方面へ車で3km。

(駐車場:450台無料・1,150台 ※1,000円/日)

見どころ

手筒花火が打ち上げられた後、約2500発の華やかな仕掛け花火が次々と打ち上げられ、鮮やかに湖上を彩る。孔雀の羽根のように広がる迫力満点の水中スターマインが一番の見どころ。

参考動画

SNSで口コミチェック

三ヶ日花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

q さん(40代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

まず、悪い点ですが交通の便が悪く、車で行くにもローカル鉄道で向かうにしてもとても混雑します。特設の駐車場もいくつかあるのですが、かなり早めに到着しないと駐車場は直ぐに満車になってしまいます。電車も本数がとても少ない上に混雑もかなりのものになります。 良い点は、猪鼻湖を挟んで花火を観覧すると湖に花火が映り、よりきれいに見えます。ただし、当たり年とはずれ年があります。三ケ日はかなり風の強い土地でもあるので、風が弱い年でないと湖が波立ち、花火の綺麗な反射を見ることができません。 個人的にはお気に入りの花火大会です。

ひまり さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

静岡県西部の中でも小さい方の花火大会ですが、無料の駐車場もあり(一部有料駐車場もあります)車のある方は便利だと思います。また、会場まで行かなくても東名高速道路の浜名湖SAは1部花火大会の為に駐車場を開放しているので旅行の行きや帰りに寄って見ていくことも可能です。西は豊橋市から、東は静岡市から来る人も多く規模の大きい花火大会は人が多くて嫌だと思う人でも浜名湖周辺の色々なところから鑑賞が可能です。ただ三ヶ日の方は道が狭くなっている所も多くあるので運転にはご注意ください。

うっち さん(30代男性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

私が最後に行った三ケ日町の花火大会は最後の開催と言われた5年前でした。天竜浜名湖鉄道の三ケ日駅のすぐ裏手で行われるのですが電車は満員で、花火大会当日は電車の本数を増やして運行していました。車の方は近くの農協の駐車場を貸し駐車場にしていたのでそこに停めていました。三ヶ日町は大きな町では無いので花火大会の大きさは中規模程度です。船から花火を上げるので割と近くで見れます。毎年、最後の開催と言いつつもなんやかんやで毎年行っています。

ちゅん さん(20代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

三ケ日花火大会は、三ケ日小学校から見ることができます。出店も出ており、浴衣姿の人も見かけます。しかし、交通の便があまりよくなく、車で行くと渋滞に巻き込まれます。何年も連続で行きましたが、車の中で開始の花火を見るということが多々ありました。また、帰りも渋滞にはまり中々帰れません。小学生や中学生は電車で来られているひとが多いですが、電車の本数もあまり多くないため不便だと感じます。花火の内容は3000発程度で満足いく内容です。