熱海海上花火大会 2019

最終更新日

静岡県熱海市で開催される「熱海海上花火大会(あたみかいじょうはなびたいかい)」通称 熱海花火大会の2019年(平成31年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、穴場、見どころなど最新情報をお届けします。

2019年の日程

2019年の熱海海上花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
春:3/31(日) 4/20(土) 5/11(土) 5/26(日) 6/16(日) 6/29(土)
夏:7/26(金) 7/30(火) 8/5(月) 8/8(木) 8/18(日) 8/23(金) 8/30(金)
秋:9/16(月)
冬:12/8(日) 12/15(日)
夏:20:20~20:50
春・秋・冬:20:20~20:45
荒天の場合 打ち上げ数
中止の場合あり(雨天決行) 1日約5,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/ 0557-85-2222
熱海市観光協会
注意

こちらは 2019年1月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2019年7月カレンダー ※開催日  

2019年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

熱海海上花火大会の会場は、熱海市にある「熱海湾」です。

JR東海道線「熱海駅」から徒歩20分。

静岡方面:東名高速道路「沼津IC」から伊豆縦貫自動車道へ。伊豆縦貫自動車道「大場・函南IC」から 熱函街道/県道11号線 経由で約40分。

東京方面:東名高速道路「厚木IC」から小田原厚木道路へ。小田原厚木道路「小田原西IC」から 西湘バイパス・国道135号線 経由で約1時間。

(駐車場:開催日当日、市内駐車場は大変混雑しますので、JR等の公共交通機関のご利用をおすすめします。)

駐車場

1.熱海駅付近の有料駐車場

当日、市内駐車場は公共交通機関の利用がオススメですが、どうしても車で行きたいという場合は、駅付近のコインパーキングなどの有料駐車場に停めてから向かいましょう。朝から海水浴目的の駐車も多いようなので、駐車場の数は多いですが空いている駐車場を見つけるのは難しいかもしれません。

2.隣駅付近の駐車場

先述したように、熱海駅周辺の駐車場は込み合い、駐車場に停められたとしても大会後に道路も混雑するので、一つ手前の駅周辺のコインパーキングなどに車を停め、熱海駅まで電車で行く方が、スムーズかもしれません。

3.MOA美術館

閉館が16:30ですが当日は22:00まで駐車場が無料で開放されます(200台)。会場からは離れますが高い位置にあるので花火が綺麗に見えます。

穴場

1.熱海サンレモ公園

会場から徒歩5分ほどと近く、迫力ある花火が見られます。開始1時間前でも場所取り可能です。

2.MOA美術館駐車場

会場から少し離れるので花火は小さめですが、小高い所で会場の正面にあるため、よく見えます。当日は駐車場が22:00まで無料で開放されます。

3.熱海城

海抜160mの展望台から夜景と一緒に花火を見ることが出来ます。当日は21:00まで営業しています。

4.マリンスパ熱海

プールや温泉が楽しめる施設で、テラスや3階の屋外温泉の中からも花火が見られます。会場のすぐそばなので、大迫力です!隣接する市営和田浜駐車場は混み合うので車で行く方は早めに確保する必要があります。

見どころ

熱海海上花火大会は、昭和27年にはじまった歴史ある花火大会です。

昭和24年に台風による高波で海岸地区140戸あまりの家屋が流失する災害、そして翌年には「熱海駅前火災」、更に10日後には中心街の979戸が焼失した大火に見舞われ、その後の復興に向け、地元市民による努力が続き、街の復興とその努力に報いるべく、昭和27年に花火を打ち上げたのが始まりです。以来その伝統が受け継がれ、今では夏だけではなく一年を通して開催しており、熱海の代名詞となりつつあります。

会場である熱海湾は、3面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響し、 大きなスタジアムのような音響効果があり、花火業者さんも絶賛する日本一の花火打上会場です。

夜空に広がる花火や、水面に映る花火、そして、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」など、間断なく打ち上げられる約5000発の花火は、息もつかせぬ大迫力。花火会場の付近に宿泊施設も多いので、部屋から花火を観ることもできます。

参考動画

SNSで口コミチェック

熱海海上花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

あずさ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

海の上で打ち上げるため、だいたいどこにいても、砂浜の上なら近く見えるところが良かったです。 駅前に商店会があり、海に行くまでの道のりにも屋台があったりでご飯に困ることはなかったのが良かったです。海の前にもコンビニがあるので重いお酒はそこで買ってのんびりとお酒を飲みながら花火を見れました。 帰りの駅までの道のりがあまり整備する人もいなく、人の波に揉まれたのが大変でした。

Kenty さん(30代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

熱海サンビーチ沖から打ちあがる花火で、海面花火など見どころが満載な花火大会。浜辺でレジャーシートを引いて家族や恋人、友人などと見るのも良い。海側のホテルに宿泊していれば、そのホテルの食堂や屋上を開放してくれるので人込みが苦手な人には宿泊がおすすめになる。自分は大江戸温泉に宿泊していたので、そのホテルの食堂から見る事ができた。夏場の花火大会だったので、食堂は冷房が効いていて涼しくゆっくりと花火を満喫する事ができました。

izunoodoriko さん(60代男性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

花火好きの我が夫婦が、これまでも色んな所の花火大会に出掛け、また遠方でなかなか行けない地域の花火大会についてはテレビの生中継で楽しんできています。熱海海上花火大会は、打ち上げ時間は毎回25分から30分(季節により変動)と短いですが、2018年は年間18回も打ち上げられ、しかも毎回少しづつ花火の種類が異なっています。夏場の花火に比べると冬場の花火は色彩が一段と鮮やかで美しい。湿度が下がるからなのかもしれません。熱海の花火の一番の特徴は熱海港の堤防から打ち上げられた花火の炸裂音が熱海を取り囲む山々に反響して大玉に関しては窓ガラスが震えるほどの衝撃、駐車している車のアラームが一斉に鳴り出すほどの迫力だと思います。会場は広いので場所取りの必要はありません。海岸線からはどこからでも綺麗に鑑賞できますよ。是非御来場ください。

nasha さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

熱海の花火は圧巻です。一度は必ず見て欲しい日本の花火大会です。海上花火なので打ち上げるところが遠く、小さなお子様連れの方たちにも安全なのでおすすめします。熱海の花火大会にはメッセージ花火というものがあります。アナウンサーの方が個人から頂戴したメッセージを読み上げ、そのメッセージが読み終わると花火が一発上がるという仕組みです。私が行った時には、プロポーズのメッセージに遭遇いたしました。それはステキな思い出だろうなと思いました。ただ熱海の花火大会には難点が一つあります。それは海上ですので、港でみんな花火を見るのですが、花火の音にびっくりしたフナムシが大量に足元に出てくるという事です。港近くで見るのには、虫が苦手な方にはおすすめしませんので、少し離れた陸地から見たほうが良いと思います。

りんご さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

毎年8月に行われている熱海花火大会。毎年立ち見する場所も無い位混雑しています。熱海駅からビーチまでは徒歩15分~20分?混んでいるので遠く感じるうえ、途中急な階段があったりするので疲れます。小さなお子さん連れの方はちょっと大変かもしれません。ちなみに帰りの駅前のコンビニは飲み物等を買う人で激混みです!なので一昨年は泊まったホテルの観覧場所からラクラク観ました。大きな窓ガラスの食堂から真正面の位置です。そして昨年はまた別のホテルから、今度は1人1000円払って送迎バスと観覧席を予約して観ました。観覧席というのでどんな席かと思ったら、場所だけ確保してあって椅子はホテルから100均で買うような簡易的な椅子を持たされました(笑)ちゃんと観れはしましたが、おかげでお尻が痛かったです。でも花火はとてもキレイでした。海上から打ち上げられる大きな花火が印象的です。

ハナコ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 機会があれば行きたい

有料の花火観覧席で観ました。前方の席で、海上から上がる大迫力の花火を間近で見ることができました。視界いっぱいに広がる花火を今でも鮮明に思い出すことができます。海上という障害物のない開けた場所での打ち上げ花火でしたので、夜空というスクリーンをバックに打ち上げられる花火が美しく映えました。丸く広がる花火、長く尾を引く打ち上げ花火など、花火のレパートリーが多く、観ていて飽きませんでした。また行きたいです。

あゆみ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

熱海の海岸で行われる海上の花火大会。浜辺にある駐車場に停めれたらラッキーです。期間中は何度も開催しているので気軽に行ける感じが良いです。また、都会で行われる様な人がたくさん集まるでっかい花火大会をよく行く人には是非見てもらいたいです。田舎の観光地で行う花火大会だからこその規模の良さがあります。上がる花火はとても近く感じて、ドーーン??と胸に強く響きます。駐車場に停めてある多くの車の盗難ブザーが鳴り響くぐらいの衝撃的音です。その衝撃はとっても感動するので是非見て欲しいです。ただ、終わった後熱海駅までの坂道が本当にシンドイです(笑)

マリア さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

熱海の花火大会は一年間通して何回かありますが、海上で行われるので熱海市がちゃんと清掃や管理を行い、山間に花火を上げるからか風にながされることも無く、毎年キレイに見ることができます。ただ、交通機関が少ないため車の渋滞・駐車出来ずに路上に止めてみている人がいるので、もう少し駐車場を増やしたり、無料の送迎バスを出すなりしてくれるともっとたくさんの人が来ることも出来るので、熱海市の方で何か良い企画を出してほしいです。

kotatsu さん(30代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

熱海海上花火大会の会場が、地形状湾のようになっているので、音が反響してくれてとてもダイナミックです。海面に映る光もとてもきれいでめちゃくちゃたのしめます。夜店なども多く花火以外でも、とてもたのしめますが残念なところをあげるとしたらとにかく坂道しかない、駐車場が少ない、すぐに渋滞する、といったところでしょうか。花火を開催する日数はとても多いので、是非電車でいっていただいて、運動だと思って頑張って歩いたほうが楽しめます。

杏 さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

今まで見たどの花火大会よりも花火との距離が近く迫力がありました。また、熱海は人口密度が低いため、首都圏の花火大会のように混雑していないのも魅力な点の1つだと思います。花火大会の日は周辺のホテルに宿泊していたのですが、周辺のホテルに宿泊していると、ホテル側が場所取りをしてくれました。そのため同じホテルで宿泊している人達と座って鑑賞する事が出来たため、快適に花火を見ることができてとても良かったです。再び機会があれば是非行きたいと考えています。

ちゃんこーまい さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

期間中は熱海駅から商店街・旅館やホテルまで、町全体で昼過ぎから盛り上がります。打ち上げの数自体はそこまで多くないのですが、海岸から見るシチュエーションは、他にはなかなかないと思います。そこかしこに出店があり、食べ物を探して歩くだけでもワクワクします。夏なら美味しい物を買い込んで、ビール片手にビーチに座って観賞。最高です!海岸線沿いの宿泊施設に泊まれば、時間を気にすることも、場所取りの必要もなく、ゆっくり楽しむことができます。ただし、お値段もそれなりになってしまうので、来宮等少し離れたところに泊まって、早めに会場入りするのも良いかと思います。ますます有名になってきている花火大会なので、ゆとりを持って行動することをおすすめします。