第50回 豊田おいでんまつり 花火大会 (2018)

最終更新日

愛知県豊田市で開催される「第50回 豊田おいでんまつり 花火大会(とよたおいでんまつり)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、穴場、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の豊田おいでんまつり 花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
7/29(日) 19:10~21:00
荒天の場合 打ち上げ数
中止(雨天決行) 非公開

2018年7月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

豊田おいでんまつり 花火大会の会場は、豊田市にある「豊田市白浜公園一帯」です。

名鉄豊田市駅または愛知環状鉄道新豊田駅から東へ徒歩10分。

東名豊田ICから北東へ車で10分。

(駐車場:臨時駐車場あり)

駐車場

1.元城小学校グラウンド

2.高橋中学校グラウンド

3.加茂川公園グラウンド

4.寺部小学校グラウンド

5.拳母小学校グラウンド

6.スカイホール豊田

7.豊田市駅/新豊田駅付近の有料駐車場

上記の臨時駐車場がいっぱいだった場合は、駅付近のコインパーキングなどの有料駐車場に停めてから向かいましょう。

8.浄水駅付近の有料駐車場

当日は豊田市内の道路は混雑し、駐車場に停められてもなかなか出られない可能性があります。少し離れた駅付近に車を停め、パークアンドライドで電車に乗り換えて向かう方がスムーズで、オススメです。

「確実」なのは予約駐車場

個人間で駐車場を貸し借りできるサービスがあるのをご存知ですか?スマホから簡単に予約可能なため「駐車場まだ空いてるかな…」と心配することなく、安心してお出かけできますよ。

運良く花火会場付近に駐車場があるかもしれませんので、下のサイトで一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

穴場

1.川端公園

花火の筒場から少し北側にあります。仕掛け花火などは見づらいものもありますが、打ち上げ花火は綺麗に鑑賞でき、音楽も聞こえます。白浜公園よりは混雑も少ないです。

2.白浜公園北側 高橋付近

白浜公園自体は人気の激戦区ですが、打ち上げ場所からは少し離れる北側は意外と場所取りしやすいです。

3.桜城址公園

豊田信用金庫本店の前にあります。仕掛け花火などは見づらいものもありますが、打ち上げ花火は綺麗に鑑賞できます。混雑が少なめで、トイレもあるのでお子様連れにも安心ですね。

4.豊田東高校付近の堤防

豊田大橋と花火が両方綺麗に見られるので、写真スポットとしても人気です。

5.毘森公園

会場の反対側にあるので混雑しにくいです。会場から離れるため花火は小さめですが綺麗に鑑賞できます。

6.八幡公園

綺麗に花火が鑑賞できる場所ですが、比較的空いています。

7.久澄橋周辺

1~2人くらいであれば協賛席の脇や裏に座れるかもしれません。

見どころ

6月中旬から、約1か月にわたって開催される「豊田おいでんまつり」のフィナーレを飾る花火大会です。

昭和43年に始まった「豊田まつり」が、昭和63年に「豊田おいでんまつり」に名前を変え、より多くの人が楽しめるような内容になりました。

プログラムの終盤に打ち上がる、花火と音楽をシンクロさせたメロディ花火をはじめ、日本煙火芸術協会による秀作花火(打上げ&スターマイン)が出品され、大会を序盤から盛り上げます。

そのほかにも、地上30mの高さから会場いっぱいに展開するナイアガラ大瀑布がラストに登場し、感動の一夜を演出します。

見ごたえのあるプログラムが次々と展開され、花火愛好家からも評価の高い花火大会です。

参考動画

SNSで口コミチェック

豊田おいでんまつり 花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

記載の情報から変更になる場合もありますので、公式ページでご確認の上、おでかけいただくようお願いいたします。

リンクhttp://www.oidenmaturi.com/
TEL0565-34-6642
豊田おいでんまつり実行委員会