豊川市民まつり 第31回 豊川手筒まつり (2018)

最終更新日

愛知県豊川市で開催される「豊川市民まつり 第31回 豊川手筒まつり(とよかわしみんまつり とよかわてづつまつり)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、有料席、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の豊川市民まつり 豊川手筒まつりの開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/25(土)
毎年8月第4土曜
18:00~21:00
荒天の場合 打ち上げ数
8/26(日)に順延(小雨決行) 約2,000発(打上)
約400本(手筒)

2018年8月カレンダー ※開催日  

有料席について

有料観覧席があります。

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

豊川市民まつり 豊川手筒まつりの会場は、豊川市にある「豊川公園一帯」です。

名鉄諏訪町駅から徒歩5分。

東名豊川ICから車で15分。

東名音羽蒲郡ICから車で25分。

(駐車場:約2,500台 ※一部有料)

見どころ

「豊川市民まつり」は、昭和63年、市制45周年を記念して始まった市民の祭典で、豊川運動公園をメイン会場に、市民総おどりなどが繰り広げられます。

毎年8月の第4土曜日に愛知県豊川市で行われるのが「豊川手筒まつり」です。東三河地方に古くから伝わる手筒花火をたっぷり堪能できます。

市内各連区の神社に伝承されている伝統の手筒煙火を一堂に会して放揚します。身近で素朴な雰囲気は薄れるが、神社で見るよりも規模も大きく、一時に沢山の手筒花火を見られることから人気をよんでいます。

火の粉が勢いよく噴き上がり、雨のように降り注ぐ光景は独特の美しさで、降りかかる火の粉をものともせずに打上げ続ける男たちの勇ましさは見る者に感動を与えます。

ほかにも仕掛煙火や大筒煙火、中国煙火などが打ち上げられ、フィナーレは華麗な大スターマインで締めくくられます。

参考動画

SNSで口コミチェック

豊川市民まつり 豊川手筒まつりに関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

記載の情報から変更になる場合もありますので、公式ページでご確認の上、おでかけいただくようお願いいたします。

リンクhttp://toyokawa-cci.org/
TEL0533-86-4101
豊川手筒まつり実行委員会事務局(豊川商工会議所内)