※2017年は終了しました

2017年は終了しました。2018年の情報が判明次第更新しますので閲覧の際はご注意ください。

豊橋祇園祭 花火大会 (2018)

最終更新日

愛知県豊橋市で開催される「豊橋祇園祭 花火大会(とよはしぎおんまつり)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、有料席、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

2018年の日程

開催日打ち上げ時間
確認中確認中
荒天の場合打ち上げ数
確認中約300本(手筒)
約12,000発(打上)

有料席について

有料観覧席があります。
詳細はこちら

会場へのアクセス

会場は、愛知県豊橋市にある「吉田神社境内、豊川河畔」です。

JR・名鉄豊橋駅から徒歩20分。

JR・名鉄豊橋駅から路面電車に乗り10分、豊橋公園前下車、徒歩5分。

東名豊川ICから南へ車で20分。当日交通規制あり。⇒詳細マップはこちら

(駐車場:有料駐車場あり ※パーク500・豊橋駅西側もぐらパークなど)

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性があります。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

お問い合わせ

記載の情報から変更になる場合もありますので、公式ページでご確認の上、おでかけいただくようお願いいたします。

リンクhttps://www.toyohashigion.org/
TEL0532-53-5528
豊橋祇園祭奉賛会事務所

豊橋祇園祭 花火大会の見どころ

元禄元年から続く、歴史のある「豊橋祇園祭」のメインイベント。初日に手筒花火が披露され、2日目には6号玉、8号玉、コンクール花火など、バラエティに富んだ花火が打ち上げられる。見どころは、毎年ファンを魅了する大スターマイン。

参考動画

SNSをチェック

以上、豊橋祇園祭 花火大会の開催情報をお届けしました。

また他の花火大会も多数掲載していますので、ぜひぜひチェックしてみてください。