確認中

このページには一部未確認の内容があります。情報が判明次第更新しますので閲覧の際はご注意ください。

第49回 東海まつり花火大会 (2018)

最終更新日

愛知県東海市で開催される「第49回 東海まつり花火大会(とうかいまつりはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、穴場、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の東海まつり花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/11(土)
毎年8月第2土曜
確認中
荒天の場合 打ち上げ数
確認中 約4,000発

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

東海まつり花火大会の会場は、東海市にある「愛知県東海市中央町三丁目1(大池公園内)」です。

名鉄太田川駅または新日鉄前駅から徒歩15分。

知多半島道大府東海ICから約20分。

(駐車場:無料駐車場あり ※東海市立平洲小学校、東海市立大田小学校など)

駐車場

1.平洲中学校臨時駐車場

15:00~22:00 帰りは混雑して駐車場からなかなか出られない可能性があります。

2.平洲小学校臨時駐車場

15:00~22:00

3.明倫小学校臨時駐車場

15:00~22:00 会場から離れているので帰りに渋滞に巻き込まれにくいです。

4.大田小学校臨時駐車場

15:00~22:00 会場から離れているので帰りに渋滞に巻き込まれにくいです。

5.太田川駅付近の有料駐車場

会場付近の臨時駐車場よりは帰りの渋滞に巻き込まれにくい可能性があります。

「確実」なのは予約駐車場

個人間で駐車場を貸し借りできるサービスがあるのをご存知ですか?スマホから簡単に予約可能なため「駐車場まだ空いてるかな…」と心配することなく、安心してお出かけできますよ。

運良く花火会場付近に駐車場があるかもしれませんので、下のサイトで一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

穴場

1.太田川河川敷

大田川自体が大きな川ではないので、立ち見になりますが、混雑はしていません。会場から離れていない場所なので迫力ある花火を楽しめます。

2.アピタ東海荒尾店

屋上駐車場から綺麗な花火鑑賞できます。商業施設なのでトイレや飲食に困らないので安心です。地元の人に人気のスポットなので、駐車場の確保はお早めに。

3.東海市しあわせ村の山の傾斜

会場から少し離れまるので小さめですが、混雑が少なくゆったり花火を見たい人にオススメです。プールや温泉があり、日中しあわせ村は、も楽しめる施設になっています。

5.大池公園内

メインの会場ですが、広いのでどこかしら場所は取りやすいです。野球場近くの展望台が地元の人の人気スポットです。

見どころ

東海まつり花火大会は、毎年8月第2土曜日に愛知県東海市で開催されている花火大会です。

東海市誕生の翌年から毎年開催しており、市の歴史と共に歩んできたとも言える目玉イベントで、毎年、市内外から多くの人が来場します。

観覧席と打ち上げ場所が近いので、会場ではダイナミックな花火が楽しめますが、市の中心部で実施されるため、周囲どこからでも見ることができるのも特徴です。

オープニング直後から、スターマインや大乱玉など、約4,000発の花火が続々と打ち上げられます。

見どころは後半からフィナーレにかけての、迫力満点の大スターマイン!大池に映る花火も見ものです。

参考動画

SNSで口コミチェック

東海まつり花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

記載の情報から変更になる場合もありますので、公式ページでご確認の上、おでかけいただくようお願いいたします。

リンクhttp://www.tokaikanko.com/event/tokai_hanabi/
TEL0562-32-5149
東海市観光協会事務局(株式会社まちづくり東海内)