第39回 山形大花火大会 (2018)

最終更新日

山形県山形市で開催される「第39回 山形大花火大会(やまがただいはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の山形大花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/14(火) 19:00~21:00
荒天の場合 打ち上げ数
中止(小雨決行) 15,000発以上
参考リンク お問い合わせ
http://www.hanabi.gr.jp/ 023-632-8665
山形青年会議所 花火大会実行委員会
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

山形大花火大会の会場は、山形市にある「須川河畔 反田橋付近」です。

JR山形駅からタクシー25分。

駐車場なし。

見どころ

山形県最大級の規模を誇る花火大会。連続打上げや、会場近くで上がる大花火など、迫力満点の花火が2時間で15,000発以上打上げられる。音楽と共に趣向を凝らした豪華絢爛な花火が夜空を彩る。

参考動画

SNSで口コミチェック

山形大花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

たま さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

山形では規模の大きい花火大会で、毎年家族で楽しませて頂いております。音楽と共にあがる花火は、壮大でスケールが大きく、本当に見たかいがあります。ただ一つ言えば、立地の件でして、昔行われていた馬見ヶ崎河川敷の方が、活気もあり、また山形市民は毎年芋煮会をする場所で風情もあり、良かったのではないのかなぁと感じます。山火事問題や近隣住民からの苦情などと伺いましたが、問題をクリアして馬見ヶ崎川の河川敷に戻すことはできないのでしょうか?

hima さん(30代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

できれば有料席で見ることをオススメします。有料席ですと、早めに会場入りをして席をとる必要がないことと、時間ギリギリに会場入りをしても座る場所があるのは、ストレスフリーなので個人的には有料席をオススメします。出店も多く出ているので、楽しめると思います。トイレは常に混んでいるので覚悟をしていた方が良いです。花火の内容もとても良く、音楽と花火の融合は感動さえ覚えます。カップルでも、ご家族でも楽しめる内容なのでオススメの花火大会です。

まろ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

山形市にある須川湖畔、反田橋付近で開催される花火大会です。山形県内はもちろん、県外からも大勢のお客さんが来るのでとても賑やかでした。また開催時期も毎年お盆期間中に開催されるので、家族みんなで来れると思います。近隣の駐車場はなく、交通アクセスは不便ですが臨時バスが多く出ているのでバスで来るのがベストです。出店の数やステージイベントが多く、花火以外でも楽しめます。仮設トイレも男女各5つほど用意されていますが、とにかく混みますので気をつけてください。

ちおこ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

山形駅からシャトルバスを利用し会場へ向かいました。会場には打ち上げの1時間前に着いたので観覧場所を確保できるか心配でしたが、人出は多いものの、比較的スムーズにシートを敷くことができました。出店も多く出ていたので、打ち上げ時間まではドリンクやおつまみを買って待ちました。肝心の花火は、もう大満足でした!打ち上げ発数も多かったのですが、何より、花火との近さにビックリしました。頭上で大きく花火が開くのは、他の花火大会では体感できないと思います。唯一難点をあげるとすれば、帰りのシャトルバスの順番待ち。会場を出るまで2時間近く列に並びました。それを除けば、大満足の花火大会でした。