第38回 八戸花火大会 (2018)

最終更新日

青森県八戸市で開催される「第38回 八戸花火大会(はちのへはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の八戸花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/19(日) 19:00~20:30
荒天の場合 打ち上げ数
8/26(日)に延期(小雨決行) 約5,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.8hanabi.jp/ 0178-41-1661
八戸花火大会大会委員会事務局
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

八戸花火大会の会場は、八戸市にある「八戸館鼻漁港」です。

JR陸奥湊駅から徒歩10分。

JR白銀駅から徒歩15分。

(駐車場:ラピア前 無料駐車場あり )

見どころ

八戸館鼻漁港を背景に、尺玉、スターマインなど約5,000発の大仕掛け花火が夜空を彩る。打ち上げ場所と会場が近いため、ダイナミックで大迫力、かつ艶やかな花火が体感できる。

参考動画

SNSで口コミチェック

八戸花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

かな子 さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

花火の演出は十分楽しめる内容です。出店もそれなりに充実していて、お祭り感を楽しめます。メイン会場は漁港なので、コンクリート上に敷物をひいて座って見る人が多いですが、とにかく人が多くて場所取りは少し大変でした。メイン会場から少し離れた穴場スポットからもよく見えるので、そういう場所を見つけられたらいいと思います(近くの友人宅の駐車場など)自家用車で行くと駐車場 がないため、電車やバスがオススメです。最寄り駅からは徒歩数分で着きます。

しま さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

八戸で一番の花火大会です。毎年お盆過ぎに行われていて、館鼻漁港からあがる花火大会です。漁港では出店が並び、多くの人が訪れます。漁港ということで周りに高い建物がなく、近くの蕪島など少し離れたところからでも見ることができます。約5000発、色々な種類の花火が上がるので夏の終わりの思い出づくりにはぴったりです。ただ市民は車での移動が主なので帰りは渋滞になること間違いなしです。可能であれば徒歩や交通機関を利用する方がいいですよ。

hana878755 さん(10代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

行ける年は、毎年行っていますが、天気に恵まれない年がとにかく多いです。雨や曇天が多く、上の方に上がった花火は音が聞こえるだけで、ほとんど見えないことが多く、もったいないなあといつも思っています。花火自体は垂れ柳やハート型、にこちゃんマークなどユニークなものも多く、打ち上げられる数も多いので、見応えがあります。近くの港には屋台も出ているので、お祭り気分も味わえてとても楽しいです。混んでいるのが苦手な方は、少し離れた漁港から見るのが、建物に邪魔されることがなく、静かに見れるのでオススメです。

まめぴっぴ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

青森県八戸市の八戸館鼻漁港を背景に、スターマインなどの大仕掛け花火が夜空を彩ります。約5000発が八戸の夜空を染めます。打ち上げ場所と会場が近いため、大迫力の花火が体感でき、花火が降ってくるように見えます。会場が広く、見晴らしも良いので色々な場所から見ることができます。屋台の数も多く、楽しめます。昨年から屋台の設置場所を変更して、屋台前の混雑が少し改善されていると思います。毎年お盆過ぎなので、やや冷えます。羽織りものを持参することをお勧めします。