第359回 筑後川花火大会 (2018)

最終更新日

福岡県久留米市で開催される「第359回 筑後川花火大会(ちくごがわはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の筑後川花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/5(日) 19:40~21:10
荒天の場合 打ち上げ数
8/7(火) 8/9(木) 8/11(土)に順延 約18,000発
参考リンク お問い合わせ
http://kurume-matsuri.info/index.html 0942-31-1717
久留米観光コンベンション国際交流協会
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

筑後川花火大会の会場は、久留米市にある「久留米市水天宮下河川敷対岸・篠山城跡下河川敷対岸」です。

JR鹿児島本線 久留米駅から「京町会場」まで徒歩10分、「篠山会場」までは徒歩15分。

会場周辺に駐車場はありませんが、JR鳥栖駅付近にある「ベストアメニティスタジアム」の駐車場が利用可能です。(約1,000台)

見どころ

久留米市で開催される350年以上の続く歴史ある花火大会です。水天宮奉納花火大会という名称から昭和40年に今の「筑後川花火大会」に変わりました。2ヵ所の打ち上げ場所から、約18,000発の花火が筑後川の夜空を鮮やかに彩ります。福岡県内だけでなく、西日本でも最大規模の花火大会ですのでぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考動画

SNSで口コミチェック

筑後川花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

hinomina さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

筑後川の花火大会は、同時に2箇所で花火が打ち上げられるため、1箇所に人が集まらないのが魅力的です。2つの場所が離れている訳では無いため、どちらも見ることが出来き、また2つの場所までは出店が並んでいるため何が好きなものを買いその場で座って食べていても花火が見れる点はとても良い点です。しかしながら、川沿いでの花火大会がゆえしっかりとした抜け道があまりないため近隣の方には渋滞のご迷惑をおかけしたり、これと言って駐車場が確保されていないところが、マイナスではないかと思います。

あや さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

地元の花火大会なのでよくいっていました。かなり迫力のある花火大会でした。また、色々なところから見ることができるので人の集まり方も分散されて、もちろん混雑はしていますが、スペースにも余裕があるようなイメージです。出店の数はかなり少なく並んでしまうので、時間の使い方が難しかったです。また、近くで着付けやヘアアレンジをしてくれるようなところが少ないので自前で行くしかないところが少し残念でした。九州の花火大会の中ではかなり見応えのあるものだと思いました。

たむたむ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

地元では1、2を争うほど有名な花火大会で子供の頃から何回も行っていますが、見にくる人が増えている気がします。花火の数はとても多く、種類も多いので長い時間でも見飽きません。快適に花火を見るためには早くに行って場所取りをしておくことをおすすめします。また車でいくと駐車場が空いていないかもしれないので、どこに駐車場があるのかも調べておいた方がいいです。出店も数が多く何を食べるのか考えるだけでも楽しいので福岡に住んでいるのであれば一度は行って欲しい花火大会です。

kazu070312 さん(20代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

九州一の花火打ち上げ数で迫力は抜群です。筑後川で開催される花火大会で打ち上げ会場が2つあり、どちらの会場で見ても迫力のある花火をみることができます。筑後川の河川敷で打ち上げるので花火との距離が近く、臨場感があり、大迫力です。 当日は九州各地から見に来る方が多く会場までの道路、公共交通機関ともに大混雑します。来場の際は昼頃早めに会場入りすることをオススメします。九州の花火を見に行くならこの花火大会に行くべきだと思います。

どんどん さん(20代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか あまり行きたくない

筑後川の花火大会はとにかく人が多いと聞いていましたが、本当にたくさんの人がいて驚きました!川を挟んで見る人と花火が上がる側で見る人など様々でどちらも同じくらいの人で溢れていたように思います。筑後方面の友だちから聞いた話ですが、地元の人は穴場スポットがそれぞれあるようで、少し離れた場所から見る方が多いようです。屋台の数も多く食べたいものもたくさんありましたが、人混みをかき分けて買いに行くというのが大変なので、持ち込みで会場に行き真っ先に場所取りをして座って見たほうがいいと思います。

riooooo さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか あまり行きたくない

花火の打ち上げ数や屋台の数などはバライティに富んでいて良いですが、とにかく人が多いです。都心部からのアクセスも少し悪く、駅の混雑や行き帰りの電車の満員は避けられません。九州の中で特に大きい花火大会なので規模が大きく楽しめる点ではオススメできますが、屋台に並んだり、先に場所をとる人も多いので混雑をなるべく避けて早めに行って帰りのピークを避けて宿を取るか、車でアクセスするなど余裕を持った行動に限ります。

あき さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

堤防から見てもとても綺麗ですが、ゆめタウンの屋上から見る花火も間近に見えて綺麗です。大きな花火が沢山上がります。百年公園の堤防は広いのでゆっくり見れます。子供を連れて行きましたが、座って見ることができました。JR久留米駅からも歩いて行けます。高いマンションがありますので、場所によってはマンションの影になり、見えにくいところもあります。ゆっくり見たい時には百年公園側から見た方がゆっくり見れるのではないかと思います。

もも さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

筑後川沿いの2箇所で、花火が打ち上げられるので毎回どこの場所で鑑賞するかを決めるのも楽しみです。会場も2箇所に分けられています。駅近くの会場は、混雑具合が凄いです。もう1箇所の会場は、混雑はしますが大きな川なので座れない事はなかったです。子供が産まれてからは、まだ会場までは行けてませんが少し離れた場所や、会場の反対側から鑑賞しています。会場の反対側は花火の距離も近く迫力があってオススメです。フィナーレは、本当に毎回感動します。

みなみ さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

18000発も西日本最大級の花火大会。子どもの頃から何回も足を運んでますが、今では大きく分けて京町会場と篠山会場の2か所から打ち上がるほど、規模が大きい花火大会です。会場近くでは、豪華絢爛の仕掛け花火が見れるとあって、場所取りが必要だったり、かなり混雑はしていますが、近くで見る価値はあります。ですが、混乱を避けたい場合は、百年公園や宮ノ陣橋下の土手で見ても、打ち上げ花火の美しさは十分堪能できるし、ゆっくり見られるのでお薦めです。

りんママ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

西日本最大級の花火大会が久留米市の筑後川河川敷で毎年行われています。夜空いっぱいに花火が咲き乱れ、息つくヒマもないくらい素晴らしいです。沢山の屋台もあり、子供たちも大喜びです。トイレの心配が一番ですが、河川敷に沢山の簡易トイレが準備され並びますが入れます。子供が迷子になってるのをよく見かけますので必ず手を繋いで下さい、暗いのと人が多いので、大変なことになります。福岡市内からなら西鉄電車かJRで行きましょう。車では無理です。