※2017年は終了しました

2017年は終了しました。2018年の情報が判明次第更新しますので閲覧の際はご注意ください。

第359回 筑後川花火大会 (2018)

最終更新日

福岡県久留米市で開催される「第359回 筑後川花火大会(ちくごがわはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

2018年の日程

開催日打ち上げ時間
確認中確認中
荒天の場合打ち上げ数
延期約18,000発

会場へのアクセス

会場は、福岡県久留米市にある「久留米市水天宮下河川敷対岸・篠山城跡下河川敷対岸」です。

JR鹿児島本線 久留米駅から「京町会場」まで徒歩10分、「篠山会場」までは徒歩15分。

会場周辺に駐車場はありませんが、JR鳥栖駅付近にある「ベストアメニティスタジアム」の駐車場が利用可能です。(約1,000台)

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性があります。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

お問い合わせ

記載の情報から変更になる場合もありますので、公式ページでご確認の上、おでかけいただくようお願いいたします。

リンクhttp://suitengu.net/
TEL0942-32-3207
筑後川花火大会実行委員会

筑後川花火大会の見どころ

久留米市で開催される350年以上の続く歴史ある花火大会です。水天宮奉納花火大会という名称から昭和40年に今の「筑後川花火大会」に変わりました。2ヵ所の打ち上げ場所から、約18,000発の花火が筑後川の夜空を鮮やかに彩ります。福岡県内だけでなく、西日本でも最大規模の花火大会ですのでぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

参考動画

SNSをチェック

以上、第359回 筑後川花火大会の開催情報をお届けしました。

また他の花火大会も多数掲載していますので、ぜひぜひチェックしてみてください。