第30回 市川三郷町ふるさと夏まつり「神明の花火大会」(2018)

最終更新日

山梨県西八代郡市川三郷町で開催される「第30回 市川三郷町ふるさと夏まつり 神明の花火大会(いちかわみさとちょうふるさとなつまつり しんめいのはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の神明の花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/7(火)
毎年同日(8/7)
19:15~21:00
荒天の場合 打ち上げ数
8/8(水)、8/9(木)に順延(雨天決行) 約20,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.town.ichikawamisato.yamanashi.jp/shinmei/index.html 055-272-1101
市川三郷町ふるさと夏まつり実行委員会
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

神明の花火大会の会場は、西八代郡市川三郷町にある「三郡橋と富士川大橋の中間」です。

JR市川大門駅から徒歩10分。

中部横断道増穂ICから車で5分、中央道甲府南ICから車で通常20分。

(駐車場:約4,300台)

見どころ

毎年8月7日(花火の日)に行われている花火大会。スケールは県下内最大規模で、ストーリー性のあるプログラム構成が特徴。花火師が趣向を凝らしたテーマファイアーが見どころ。グランドフィナーレでは夜空に色鮮やかな花が次々と咲く。

参考動画

SNSで口コミチェック

神明の花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

まゆ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

昨年末に山梨に引越し、初めて見に行きました。山梨に来たら見なきゃ損だよ!と言われ、そーでもないでしょ。と思いながらも職場の先輩に誘われみに行きました。先輩の家が会場から直線距離で500mほどでしたので、そこから見ましたが、すごい大きく、とてもびっくりしました!ケータイの画面に収まらないほどのサイズ感、迫力もすごく、いままで地元の花火大会など何度も行きましたが、比べ物にならないほどよかったです。また毎年、新作の花火も上がっているようで、今年はレインボーカラーの花火があがっていました。1度は行ってみて欲しいと思います。

市川君 さん(20代男性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

地元で開催している小さいときから毎回いってました。世界一の花火師作る花火が毎年見られます。小さいときは笛吹川沿いの土手を歩きながら出店に向かっていくと花火の振動が徐々に近づいてきて心を躍らせながら出店に一直線で花火なんかあまり見なかったけど、それでも今になってはどこの花火を見ても神明の花火のフィナーレはきれいで迫力があるなと感じます。有料シート席もあるが土手沿いを歩くと、自分だけの絶景ポイントも見つかるかもです。

さっちゃーん さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

神明の花火大会は、毎年必ず行く山梨の大きな花火大会です。帰りの車の渋滞はもう、覚悟の上で行くしかありませんが、山梨県内の花火大会の中では、上がる本数も多くてきれいでオススメです。そして盛り上がるのが、毎年誰かがする、プロポーズ花火の打ち上げです。アナウンスの声で、メッセージを読まれた後、花火が打ち上がります。そこにいる知らない大勢のみんなで拍手してお祝いし、とてもいいムードになります。そんな他人の暖かさを感じられるのも、好きなところです。見ているこちらまで幸せな気分になれる花火大会です。