第59回 いたばし花火大会 (2018)

最終更新日

東京都板橋区で開催される「第59回 いたばし花火大会(いたばしはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年のいたばし花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/4(土) 19:00~20:30
荒天の場合 打ち上げ数
8/5(日)に順延 約12,000発(両岸合計)
参考リンク お問い合わせ
http://itabashihanabi.jp/ 03-3579-2255
板橋区観光協会
注意

こちらは 2019年1月18日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

いたばし花火大会の会場は、板橋区にある「荒川河川敷」です。

JR浮間舟渡駅から徒歩20分、都営三田線高島平駅または西台駅または蓮根駅から徒歩20分。

駐車場なし。

見どころ

東京最大の大玉「尺五寸玉」を打ち上げるいたばし花火大会。対岸の「戸田橋花火大会」と同時開催されます。国内最高峰の花火職人の競演や、総延長700m、関東最長クラスの迫力満点の「大ナイアガラの滝」は見どころ。

参考動画

SNSで口コミチェック

いたばし花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

ふじこ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

板橋の花火大会は有料席と無料席があり、私は毎年有料席で見るくらい大好きな花火大会です。東京都ではこちらの花火大会しか打ち上げられない1尺玉がとても魅力的です。河原から見ることになるのですが、花火との距離がとても近く、迫力があります。会場までは駅からしばらく歩きますが、歩道に出店などもたくさんあるため、退屈せずに花火大会会場までたどり着くことができます。毎年新しいことにチャレンジしている花火大会です。

あお さん(20代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

河川敷で行われる花火大会です。東京側と埼玉側から見ることができます。三田線や埼京線が最寄り駅なので、交通の便はいいのかなと感じます。駅から河川敷まで歩く途中に屋台があり、河川敷に着く途中で食べ物、飲み物の準備が出来ます。見るところは色々なところがあり、芝の上だったり、石段だったりで見ることができます。花火大会を見る人達はブルーシートを広げて大勢で楽しむ人たちも見ました。ブルーシートのように下に引けるものを持っていくといいと思います。花火はとても大きくてどの場所からでも満足できると思います。ただ帰りの電車が超満員状態です。皆さん一斉に帰るためなかなか電車に乗れません。花火を見終わる前に帰るのか、見終わったあとも余韻を楽しむのか、それぞれ考えて行った方がより楽しめると思います。

cona さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 機会があれば行きたい

以前板橋に住んでいた時に、観に行っていました。至って普通の花火大会で、長すぎず、人も混みすぎず、ゆったり見れる花火大会というイメージです。私がいつも行く花火大会が混みすぎているのもあると思いますが、それに比べると、特に場所取りなどしていないのにレジャーシートを広げて座れるスペースを確保できたのがかなり魅力でした。いたばしを離れてからは、確かにわざわざ観に行きたい花火大会ではないので、すっかりご無沙汰してしまっていますが、電車で一本とかで行けるなら、きっと行っていると思います。とりあえず、花火を満喫したい!ということであれば、いたばし花火大会、オススメです。

たく さん(30代男性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

初めて見に行きました!今までいろいろな花火大会に行きました!いたばし花火大会の素直な感想としては、想像していたよりも凄かった記憶があります!想像では、地域の花火大会なので、すぐ十分位で終わるのかと思ってましたが、時間忘れる位の花火が見れて良かったです!視界も良く、楽しめるものだと思います!皆さんも機会があればぜひ行って見てください!おすすめは、紹介しながら花火が順々に上がる光景です!\(^o^)/感動しました☆

あや さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

期待していた以上の素敵な花火大会でした。地区の花火大会なので小規模かと思っていましたが、迫力あるパフォーマンスでした。出店の数もなかなかあり、種類も豊富だった印象です。他の花火大会だと出店にも並ぶのでとてもちょうど良かったです。駅の混雑具合に関しては最寄駅が他にも多くあるわけではないので、分散がされずになかなか混雑していました。前に進めないような状態で目的地に着くのがなかなか困難でした。しかし、総括してみるととても良い花火大会でした。

namoon さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 機会があれば行きたい

駅から会場まで少し歩くが、途中で屋台があるので祭り気分を楽しみながら歩ける。始まってから会場に歩いていくと、どんどん花火に近づいていく感じが臨場感と音の迫力があり良い。会場が広いのであらかじめ席をとらなくても座れる。途中の道路で座って見てる人も大勢いる。娘が2歳の時に連れて行ったら、会場付近は音が大きすぎて泣いてしまった。川岸なのでどこからでも観れるが、最後のナイアガラの滝は迫力あって必見だ。風向きによって煙で見えない年があるのでそこは天候次第の運だ。

みな さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

女友達と2人で行きました。会場最寄り駅へ着くと花火大会開始時刻まですぐと言うこともあり人だらけ。改札へ向かうための階段も一歩進むのさえ時間がかかりました。会場へ到着し、座って鑑賞できる場所は腰を下ろし花火大会開始を待ちました。打ち上げられる花火はどれも綺麗で、デザイン性があるものから色の美しさを追求したものまで多種多様で目に焼き付けつつ、カメラも構えシャッターも切りました。座った場所が土手の近くで草も多く虫刺されなどに合わないか心配もしていましたがそのようなこともなく、打ち上げられる花火に集中することができました。もしたまた友人と都合が合えばぜひ行きたい花火大会です。

くう さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

板橋と戸田両方の花火がみれるので、迫力満点。駅から会場までの距離が少しあるから、駅、道路の混雑は覚悟が必要。4駅くらい利用可能なので交通のべんがいい。近いほど混雑してます。出店もとても多く出ていて子供からお年寄りまで楽しめる。有料の観覧席もあり、近くでゆっくり座って観たい人はおすすめ。河川敷からの花火も、よくみえます。混雑が苦手な人は近くの商業施設の屋上などからもよく見えるので、そちらもおすすめ。

なかし さん(30代男性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 絶対に行きたくない

花火自体はすごくキレイだしいいのですが、いかんせん場所が悪い。あんなローカル路線でやるから巣鴨駅は大混雑だし何か治安が悪い気がする。結構離れていても見えるので赤塚公園より成増よりの高台からみた方がいいかもしれない。あの辺りは東京の中でもかなり田舎な方なんで食べ物を買い込んでちょっと離れたところからみるのがオススメ。なので東武東上線利用のほうがいいかな。地下鉄だときつかった記憶が。あと本当に変な人が多い。

のん さん(20代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか あまり行きたくない

花火大会自体はプログラム構成が豪華で音楽と融合した花火、花びらや色あざやかな色とりどりの花火等迫力があり圧巻の演出でしたが、ここまで人が集まるのかと思うほどの人混みで花火大会ならではの場所取り争奪戦でした。埼玉の方々がたくさんいらっしゃっていた印象でした。また、一番の残念ポイントとしては都内なので仕方がないのかもしれませんが、出店が非常に少なく焼きそばやたこ焼きをかって家族で食べながらゆっくりシートを敷いて花火を見ることはできませんでした。場所も限られておりちょこんと座り。帰りも混雑で電車も満員電車でくたくたの花火大会でした。