燃えよ!商工会青年部!! 第17回 こうのす花火大会 (2018)

最終更新日

埼玉県鴻巣市で開催される「燃えよ!商工会青年部!! 第17回 こうのす花火大会(こうのすはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年のこうのす花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
10/13(土) 18:00~20:00
荒天の場合 打ち上げ数
10/14(日)に順延 約15,000発超
参考リンク お問い合わせ
http://kounosuhanabi.com/ 048-543-1634
こうのす花火大会実行委員会
注意

こちらは 2019年1月25日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年10月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

こうのす花火大会の会場は、鴻巣市にある「埼玉県鴻巣市糠田運動場および荒川河川敷」です。

JR鴻巣駅から市内循環バスに乗り6分 、田間宮小学校入口下車徒歩5分。

関越道東松山ICから車で約40分。

首都高与野IC、または東北道加須IC、羽生ICから車で約60分。

(駐車場:3,000台 ※2,000円/1日 ⇒詳細はこちら)

見どころ

川幅が広い河川敷という立地を活かし、世界一の大玉である4尺玉のほか、3尺玉、300連発の尺玉の打上げや、音楽と花火を融合させた幻想的なスターマインなどを打上げる。ラストのスターマイン「鳳凰乱舞」は見逃せない。

参考動画

SNSで口コミチェック

こうのす花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

Nene さん(30代女性)

星評価するなら ★★☆☆☆
また行きたいか 絶対に行きたくない

こうのす花火大会は毎年10月に開催されます。夏場ではない為、冷えが厳しいので防寒対策は必須です。会場までは車で行きました。細い農道を走らないとたどり着けないのですが、その道がかなり混みます。広い駐車場は用意されているのですが渋滞に耐えきれず、途中のただでさえ狭い道の端に車を置いて会場まで歩いていってしまう人が数多く、運転中すごく怖かったです。花火は綺麗でしたが会場に屋台が見当たらず、なんとなく味気ない花火大会でした。屋外で観覧していましたが、結局寒くて車に戻ってしまいました。トイレも、建築現場にありそうな汚い仮設トイレ。もう少し、きちんとした設備を整えてほしいです。

miraidamako さん(50代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 機会があれば行きたい

夏場ではなく、10月に行われる花火です。四尺玉の花火は、素晴らしいです。場所は鴻巣市糠田 。地元ではないので、詳しくはわかりませんが、荒川河川敷きで行われるようです。私が友人と見たのは、吉見方面に向かう、日本一長い橋の上からでした。駐車場もありますが、混んでいると思いますので、電車で、JR高崎線鴻巣駅でこられるのがおすすめです。近隣で、自転車に乗れる方は、サイクリングがてら、鴻巣を縦横無尽に走りながら見るのも良いかもしれません。私がすれ違った方もご家族でサイクリングなさりながらこられたようです。昨年の開催時期は、まだまだ半袖でも見ていられましたが、秋開催の花火ですので、上衣はお持ちなさった方が良いかもしれません。

かえるぱんち さん(10代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

クライマックスに打ち上げられる大量の尺玉花火と、日本一の大きさを誇る4尺玉花火は圧巻です。特に4尺玉花火は、1度見れば忘れられないほど印象に残っています。よく見る尺玉花火より何倍も迫力があり、とても綺麗です。鑑賞場所としては駅から少し歩いた荒川の土手が障害物無しで花火を観賞することが出来るのでオススメです。ただ、前半は地域や個人協賛の花火なので少し物足りないと感じてしまいました。しかしラストになると一変。思わず息を飲んでしまうほど魅了されます。1度は行った方がいい花火大会です。

くう さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか あまり行きたくない

花火大会といえば夏が多いが、こうのす花火大会は秋に行われるので、とても賑わっているので、会場まで行くのはとても覚悟が必要。約2万発打ち上げられるのでとても楽しめる。会場までの交通手段はあまりなく、駅からバスか、30分ほど歩くことに。バスは混雑している。駐車場も沢山用意してあるが帰りの渋滞も覚悟が必要だ。周りにはほとんど何もないので、少しはなれた所からでも充分楽しめる。家族連れが多いのでのんびり楽しめるでしょう。

さおりん さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

3年程前にこうのす花火大会を見に行きました。会場は人混みがすごいと聞いていたので、少し離れた農道に車を止めて見ていました。花火が上がる発数がさすが多いだけにテンポよく上がっていってましたし、迫力も遠くからでもとても伝わってきて飽きずにずっと見ていました。ただ終盤にさしかかり目玉の四尺玉が上がる際、空まで上がらず地上で爆破してしまい、楽しみにしていた四尺玉を満足行く形で見ることが出来ませんでした。ですのでまた機会があれば四尺玉をリベンジで見に行こうと思います。

すまいる さん(40代男性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 機会があれば行きたい

こうのす花火大会がオススメです。ギネスにも登録されている世界一思い4尺玉を打ちあげます。もちろん花火も大きくて美しいですが、大迫力の打ち上げ音が凄いです。その場にいるだけでテンションが上がります。まわりに建物がないので、他の花火大会よりも大きく見えると思います。クライマックスの300尺玉は、衝撃を受けると思います。カップルも家族もオススメの花火大会だと思います。JR鴻巣駅からバスで10分かからないので、交通も便利です。

はるの さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

毎年楽しみにしている花火大会です。鴻巣市の商工会青年部が主催しているこの花火大会、なんといってもすごいのはギネス認定された4尺玉の打ち上げ花火!ラストに打ち上がるこの4尺玉の打ち上げを毎年楽しみにしています。地面に落下で爆発してしまう年もありますが空高く打ち上がり綺麗に咲くのを見守るのも醍醐味です。有料エリア以外の河川敷でも非常に見やすく、打ち上げ場所も近いので大迫力で楽しむことができます。会場は駅から少し離れていますが歩けない距離ではありません。ただ最寄りの鴻巣駅が大きい駅ではないので帰りの混雑はすごいです。少し遠回りして駅に向かうなどすればすんなり電車に乗ることができるのでおススメです。尺玉300連発の鳳凰乱舞も涙が出るほど綺麗で毎年感動させてもらっています。アクセスは良いとは言えませんがぜひ足を運んで頂きたい花火大会です。

しお さん(10代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

毎年鴻巣の花火大会に行っています。家からバスで行けるのですごく便利です。初めて行ったのは3年前でそのときこんなに大きな花火大会あったんだと驚きました。鴻巣の花火大会は知ってたのですが、どこも同じだと思ってたので混んでるのに行く意味あるかなと思ってたのですが、友達に誘われて初めて行ったときもっと早く行けばよかったと思いました。すごく綺麗で盛大でずっと見ていられるなと思いました。今では毎年行くのが当たり前になっています。

彩の国 さん(50代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

こうのす花火大会の特長は、なんといっても大玉花火でしょう。4尺玉の打ち上げでギネスブックに載っているそうです。大会の規模は、花火打ち上げ数が2万発、発見学者は40万人で全国7位、埼玉県1位だそうです。ウチは近くに住んでいるので家からでも見えます。一度、会場に行ったのですが、駐車代2000円取られて、家から見るようにしています。会場が悪かった訳ではないのですが、近くなのに駐車代取られるのがもったいなかったからです。花火の話に戻ると、会場で見るのも圧巻ですが、家にいても3~4キロメートルくらい離れているのに、地響きがします。やはり世界一だと感じます。あと、10月中旬に開催される珍しい花火大会です。

ユキ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

自宅から近いため土手の上まで歩き毎年観賞しています。遠方から来る場合は以前は無料だった駐車場が2000円になりました、メイン会場までは最寄りの駅から大分歩きます。夏の花火大会と違い花火が始まる頃から気温がグッと下がりかなり寒くなりますので、防寒対策は万全で行かないと風邪を引いてしまいそうになります。会場ではたくさんの出店やイベントがありとても楽しいです。この花火大会の目玉のギネス記録にも認定されている四勺玉の打ち上げは圧巻ですので一度は見る価値があると思います。