第77回 川崎市制記念多摩川花火大会 (2018)

最終更新日

神奈川県川崎市で開催される「第77回 川崎市制記念多摩川花火大会(たまがわはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の多摩川花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
10/13(土) 18:00~19:00
荒天の場合 打ち上げ数
中止 約6,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.k-kankou.jp/fireworks/ 044-200-3939
サンキューコールかわさき
注意

こちらは 2019年1月14日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年10月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

多摩川花火大会の会場は、川崎市にある「高津区諏訪二丁目先 多摩川河川敷」です。

川崎会場:東急田園都市線「二子新地駅」下車徒歩15分 。東急田園都市線「高津駅」下車徒歩25分。

上野毛会場:東急大井町線「上野毛駅」下車徒歩8分。東急大井町線「二子玉川駅」下車徒歩9分。

(駐車場:なし)

見どころ

多摩川をはさみ、「世田谷区たまがわ花火大会」との同時開催となる。テーマに即した花火や、音楽と花火のコラボレーション「ハナビリュージョン」のほか、スターマインや仕掛花火などが夏の夜空を彩る。

参考動画

SNSで口コミチェック

多摩川花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

きなこ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

多摩川花火大会の特徴はまずは10月という時期です。夏季の集中豪雨などの懸念からこの時期に開催されることになりました。そしてこの花火大会は多摩川をはさみ、「世田谷区たまがわ花火大会」と同時開催となります。橋を挟んでの開催ということで、多くの人が集まります。約6000発の花火が夜空を彩り、魅了されます。おすすめの観覧スポットはやはり河川敷です。近くから見上げるように観覧するのもよし、少し離れたところから、人込みからも離れ、ゆっくり観覧するのも良いです。

けいた007 さん(50代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

自宅のそばだったので、子供と一緒に行きましたが、非常に良かったのはアクセスの良さです。駅から花火大会の場所まで、徒歩10分程度の場所にあり、その間に出店が出ていて歩いて行くのも気になりませんでした。また、規模の割合に人がそれほど多く無く河川岸も凄く混雑している訳では無く、見やすい場所を確保出来ました。私が行った日がたまたmそうであったのかは分かりませんが、少し遠くに離れた場所でも同日に花火大会があり、遠くにも打ち上げられている花火が見れて、とても満足度が高い花火大会でした。

しみぱん さん(50代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

私は川崎在住なので、多摩川の花火大会はいつも川を挟んだ反対側の神奈川側から見ています。ここの一番の魅力は凄く近くで花火が上がるので、もの凄い迫力なんです。打ち上げられる花火の数も多いので、私の中では一番のお勧めです。ただひとつ残念なのが、最近多摩川の土手沿いにタワーマンションがたくさん建ってしまったので、以前ほど見晴らしが良くありません。その分人が見える場所に集中してしまうので、かなり混雑します。

ヤマグチ さん(50代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

河川敷というものが話題だ。物騒な話が多い中、ジョギングや花火大会は平和の星だ。駅前から多摩川に抜ける道が数年封鎖されていたが、花火大会を機に人並みが変わらず動いていた。夜空に上がる花の宴。そんな時、何処に立て籠もるか?ビルの壁に映る花火の影に立て籠もったの潜ったのという話題になるわけです。平和と貢は相容れない世界だ。着服などすると余計平和から妻弾かれるだろう。夜空を見上げ平和であることの素晴らしさに酔いしれるのだ。

あこ21 さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

8月の花火大会に行けなかったので、こちらの花火大会に行きました。友達と4人で行ったのですが、音楽にあわせて花火があがったり、ナイアガラの花火があったりして思った以上に楽しめました!秋の花火大会だからか、開始時間が思っていたより早く、花火スタートに間に合わなかったのが残念です。。多摩川の河川敷で見れるのもいいですね。世田谷区よりも神奈川側のほうが空いていると友達が言っていたので、来年もまた行きたいなと思っています。

annpann56 さん(30代男性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

離れた場所(主に公園)でも屋台が開いてます。移動が大変なのかそこでも意外と人がいます。移動しなくても楽しめる花火大会です。でも花火は見えません、音だけします。見る為には建物の上階に上るか、スポットを見つけるしかありません。花火を見る為に色々頑張った記憶はありますが、最終的には面倒になって屋台だけ巡ってました。お勧めの屋台はたこ焼き、とうもろこし焼き、焼きそばです。金魚は後々費用が掛かるので気を付けた方がいいです。

あや さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

打ち上げ近くまでいくと、どこの花火大会よりも大きな迫力のある大きな花火を見ることができます。また、ナレーションや音楽を聴きながら花火を見ることができることも魅力的です。多摩川花火大会は、昔から見ており、毎年毎年その年に纏わる花火が上がったり、一つ一つの作品のクオリティがとても高いので、最後まで見飽きません!昨年から10月に実施されることになりましたが、夏とか変わってまた違う雰囲気で見れますので、ぜひ一度見て頂きたいです。一度見ると絶対ハマる花火です!!

さや さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

都内や関東近郊の色々な花火大会を見てきましたが、多摩川花火大会が一番歓声をあげてしまいました。まだ心の準備が出来ていない開始早々のスタートダッシュ感が半端なく、そして安定の大きな花火にこれでもかと言う程のクライマックス。凝った花火も出てくるので中だるみもせず始まりから終わりまでずっと釘付けです。オススメは遠くから眺めるのではなく近くで見ること。打ち上げ花火だけじゃなく低めの花火が特に見応えがあるからです。河川敷が会場なのでシートを持って、早めに行って宴会するのもまた楽しいところです。近くにデパ地下もあるので美味しい食べ物には困りません。ただ、交通機関のキャパがないので帰りは行列必至です。

やむちゃ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

上京してから初めて行った花火大会が多摩川花火大会でした。河川敷から見る花火は、非常に近くて大きく、圧巻でした。駅からの混雑がひどく、落ち着いて座って見ることはできず、歩きながら時々立ち止まって見る、という感じでした。事前に見る場所を確保していれば、ゆっくりと見ることができ、より花火を楽しめるのではないかと思います。いわゆる縁日的な出店はあまりなく、近くのお店が露店を出していたように記憶しています。機会があればまた行きたいと思います。

ちゃんこ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

多摩川花火大会は圧倒的な数の花火の数が有名ではないでしょうか。短時間で沢山の花火の打ち上げがあります。沢山の花火を見れるので花火大会の日は空がキラキラ輝いて見えます。多摩川花火大会はいくつ会場があります。その中で一番混むのは屋台もあるメイン会場です。場所取りをしている人もいます。花火大会終了と共に一気に会場から出る人が多いので電車やバス等の交通機関が混雑します。それだけ多くの人が花火大会を楽しみにして来ている。