ふじさわ江の島花火大会 2018

最終更新日

神奈川県藤沢市で開催される「ふじさわ江の島花火大会(ふじさわえのしまはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、有料席、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年のふじさわ江の島花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
10/20(土) 18:00~18:45
荒天の場合 打ち上げ数
10/21(日)に順延 約3,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.fujisawa-kanko.jp/event/fujisawahanabi.html 0466-22-4141
公益社団法人藤沢市観光協会(藤沢市観光センター)
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年10月カレンダー ※開催日  

有料席について

有料観覧席があります。

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

ふじさわ江の島花火大会の会場は、藤沢市にある「片瀬海岸西浜」です。

小田急片瀬江ノ島駅から徒歩2分。

江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩5分。

東名厚木ICから車で50分。

(駐車場:有料駐車場あり ※公共交通機関利用が望ましい)

見どころ

片瀬海岸で行われる花火大会。スターマインなど約3000発の色とりどりの花火が、江の島をバックに観賞できる。湘南エリア唯一の、空中で直径約480mまで開く2尺玉は圧巻。

参考動画

SNSで口コミチェック

ふじさわ江の島花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

tarotaro さん(30代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

地元近くで行われる花火大会なのでこれまでにも何度か行っているのですが、 老若男女で色々な世代の人達が集まり、毎回たくさんの人で賑わっていて とても雰囲気の良い花火大会です。 神奈川ではとても有名な花火大会で、県外の方にも気軽に楽しんでもらえる花火大会だと思います。 ちなみに、江の島では夏(8月)と秋(10月)の2回花火大会が行われます。 1年で2度、夏と秋で異なった雰囲気の花火を楽しむ事ができます! 私のオススメは10月に行われる花火大会です。 空気がだんだんと澄んでくる秋の花火は夏に見る花火よりも 綺麗にくっきり見えます!(個人的な印象ですが...) 秋の花火大会で一番のオススメは2尺玉の花火が打ち上げられる事です! 2尺玉は音がダイナミックで花火の大きさも他の花火とは違って本当にすごいです。 ぜひ見て頂きたいですね。 片瀬海岸の海面に反射して映る花火もとても綺麗でより雰囲気を盛り立ててくれます。 何より海を目の前にしてのロケーションは最高です! まだ見たことが無い人にはぜひ見て頂きたいです。

こぴ さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

海辺で見られる花火大会なので、おすすめです。なんといってもロケーションが最高なので、恋人同士でもファミリーでもとても良い思い出になると思います。海辺ならどこでも見えるので、場所取りも激しくないので、砂浜に座ってゆっくり見ることができます。ただ、花火大会が終わった後は、一斉にみんなが移動するので、江ノ電は、激混みになります。ベビーカーの方は注意が必要かと思います。駐車場は、近隣にたくさんあるのですが、早めに行かないと満車になってしまうので、駐車場情報チェックして行くことをおすすめします。

黒蜜きなこ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

藤沢に住んでいた頃、夏といえば江ノ島の海、花火。定番中の定番でこれといって他の花火大会と秀でるものはありませんが、「江ノ島ブランド」でしょうか。花火もとっても綺麗に見えます。灯台と花火のコラボレーションも素敵です。夏らしさを味わいたい方にはぴったりの花火大会です。この街はヤンキーがちょっと多いかなという印象ごあります。でもそれを含めての江ノ島らしさだと思います。絡まれたりしないように注意しましょう(笑)

あいちゅぁん さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

秋にやる花火大会です。夏は色々なところで花火大会がやっていますが、少し時期を外しているのがこの花火大会です。元々江ノ島は週末混雑していますが、それよりも混雑します。電車は制限がかかるほどです。海周辺なことや、江ノ島の景色の良さが伴い、花火がとても映えます。また、秋に行うため空気が澄んでいるのか、とても綺麗に見えます。出店もたくさんあるため、お祭りっぽい雰囲気もあり、人混み等が気にならない人にとってはとても楽しい花火大会になると思います。

YAMA さん(20代男性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

江の島花火大会の特徴は何といっても、秋に開催されることです。ちょっと冬の気配も若干感じる10月中旬くらいに見る花火も夏とはまた違って最高です。あまり首都圏の花火大会ではあまり見ない二尺玉も打ち上がるので、その迫力に感動すること間違いなしです。ただ、気をつけてほしいのは花火大会当日の小田急、江ノ電の江ノ島駅はものすごく混雑するので、帰りの切符は事前に購入しておくことをおすすめします。また、人が多いということもあって周辺の自動販売機の飲み物はほとんど売り切れになることがあります。購入はお早めに。

はるか さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

秋に行われる花火大会です。3000発の花火が打ち上がり、その中でも2尺玉は迫力満点です。花火は広範囲に渡って見える為、見る場所には困りません。来客数は想像よりも少ない様に感じましたが、それでも帰りの電車は駅に付くまでも混んでいて大変でした。酔っぱらいや走り屋、ナンパなども多い為、女性同士で行く場合は注意が必要です。又、花火が始まるまでどこかお店で待機しようと思っても、会場周辺のお店はどこも満員です。

るるるるん さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

海で行われる花火大会なので、海面に映し出される大輪の花火が圧巻!普通花火大会は夏に行われる事が多いが、夏は付近の道路が地元民も迂回せざるをえないほど込み合うので、まだ比較的海水浴客がいなくて、道も夏よりは空いている秋に行われるようになったのではないかと思われる。それでもかなり込み合うのと、良い場所をキープするためには夕方前には現地の場所取りに行くことをおすすめします!もちろん、電車で行かないと無理ですよ。

さくら さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

夏の花火大会の開催ピークが終わった後、秋の落ち着いた時期(10月)に海辺で夕涼みをしながら気持ちよく鑑賞できる花火大会です。「真夏の暑い時期の花火大会はちょっと…」という人でも、過ごしやすいと思います。江の島よりも西側で打ち上げられるので、鵠沼海岸や辻堂よりの方から観ると、江の島をバックにしてきれいな花火を眺められます。約3,000発の花火のほか、湘南エリアではここだけという特大2尺玉の花火が観られます。海辺での大輪の花火を見る価値はあると思います。

kam さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

10月の秋の夜風が心地よい時期に江ノ島をバッグに開催される花火大会です。音楽とともに目の前で打ち上げられる花火はもちろんですが、海面に映る花火もとても綺麗です。3000発と打ち上げ数はそこまで多くないですが、目玉の2尺玉の大きな花火は圧巻で、頭上から花火が舞い降りてくるような感覚になります。来場者数は多いので、有料指定席を買うか、早めに行って場所取りをした方が良く見られます。午前中は江ノ島や鎌倉観光を楽しみ、午後からのんびり席取りをして夜の花火を楽しむのがオススメです。

maki さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

昨年、はじめてふじさわ江の島花火大会に行きました。あらかじめ有料観覧指定席のチケットを購入していたため、境川河口左岸に設置された観覧席でパイプ席椅子に座り、ゆったり観覧することができました。目の前で上がる花火はとても迫力があり、水面に映る花火もかなりきれいでした。途中大雨になり、花火どころではなくなってしまったのが残念でしたが、花火自体は楽しむことができました。しかし、帰りの駅までの歩道がかなり混雑し、10月の雨に濡れた寒さの中、駅まで倍以上の時間がかかったのが大変でした。

たあこ さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

江ノ島と海をバックにとてもロケーション最高の花火大会です。花火大会じたいの時間は短いですが、広い砂浜の好きな場所に好きな人と見る海辺の花火は、とてもロマンチックで最高の思い出になります。。観客はたくさんいますが、会場が海なので、都会である花火大会のように肌と肌がぶつかって窮屈に見る、ということはないです。ただ行き帰りの電車は、激混みです。車で行く場合は、近隣の駐車場はすぐに満車になってしまうので、駐車場情報をチェックしておいたほうがいいです。