第54回 常総きぬ川花火大会 (2018)

最終更新日

茨城県常総市で開催される「第54回 常総きぬ川花火大会(じょうそうきぬがわはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の常総きぬ川花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/11(土) 18:45~20:40
荒天の場合 打ち上げ数
8/12(日)に順延 約10,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.joso.or.jp/fireworks.php 0297-23-2111
常総きぬ川花火大会実行委員会事務局
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

常総きぬ川花火大会の会場は、常総市にある「茨城県常総市橋本運動公園(鬼怒川河畔)」です。

関東鉄道常総線水海道駅下車、徒歩15分。

常磐道谷和原ICまたは圏央道常総ICから国道294号線経由で車で10分。

(駐車場:有料/無料駐車場あり ※約3,000台)

見どころ

鬼怒川河畔に10万人以上が訪れる、花火の芸術性にこだわった大会。200mのナイアガラ富士をはじめ、有名花火店の作品が多く見られる。どれも目が離せない、盛りだくさんの内容。

参考動画

SNSで口コミチェック

常総きぬ川花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

ゆう さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

きぬ川花火大会は迫力のある花火を近い場所から見れます。場所が土手沿いなので、雨の日の次の日に行くと水たまりがあったり足元がかなり汚れるのが難点。出店もたくさん出てるので、いろんな種類のお店があり選ぶのが楽しくなります。ただ、どこもそうだと思いますが、行き帰りはかなり道渋滞します。道路沿いからも花火見れるので路駐してる人もいたり、駅からもけっこう歩く場所なので早めに場所取りした方がちゃんと見れます。

きなこ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

2018年に1才の子供連れで行きました。子供にとっては初の花火大会でしたが、大きな音も怖がることはなく、綺麗な花火に興味津々で、行ってよかったです。ベビーカーを持って行きました。河川敷の道沿いで、レジャーシートを敷いて、子供はベビーカーに乗せて見ました。河川敷の見晴らしも非常に良く、小さな子供を連れても行きやすい花火大会だと思います。車で行く人がとても多いため、駐車場が会場から遠いため、早めに会場に行くことをオススメしたいです。

ebiebibi さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

地元の花火大会。家からも見えてアナウンスも聞こえる場所に住んでいるが花火大会はいつも土手でわいわい賑やかに観賞。だが、地元住民の暗黙のルールがあり場所取りには気を使うが花火大会が始まる2時間前になればどこに場所取りしようが大丈夫。そしてゲストに来ている芸能人をチェックするのも1つの楽しみ。たまにカードを首からぶら下げている人が歩いているがそれは桟敷席で観賞する人。花火を観るのは土手だけではなく市民の広場でもビアガーデンをしながら、B級グルメを食べながら観られる。