第62回 前橋花火大会 (2018)

最終更新日

群馬県前橋市で開催される「第62回 前橋花火大会(まえばしはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の前橋花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/11(土)
毎年8月第2土曜
19:00~20:40
荒天の場合 打ち上げ数
8/12(日)に延期(小雨決行) 約15,000発
参考リンク お問い合わせ
http://maebashihanabi.jp/ 027-234-5109
前橋花火大会実施委員会
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

前橋花火大会の会場は、前橋市にある「利根川河畔大渡橋南北河川緑地」です。

JR前橋駅からバスに乗り15分、「岩神小学校前」下車、徒歩10分。

関越道前橋ICから国道17号・県道105号経由で車で15分。

(駐車場:あり、無料(約6200台))

見どころ

前橋発祥とされる空中ナイアガラや超特大スターマインなど、川面に生える花火のオンパレードは迫力満点です。

また、世界Web花火大会の優勝作品の打上げも必見です。

参考動画

SNSで口コミチェック

前橋花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

sachi さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

来場者数は非公開ですが、会場はかなりの人で混雑しています。すごくたくさん上がる訳ではないですが、毎年、15000発ほどは打ち上げています。そこそこ見ごたえがありますが、ナイアガラがオススメです。前橋発祥の空中ナイアガラがとても迫力があり、会場でしか見られない仕掛けです。会場へはほとんどの人は車で向かうため、駐車場は17時くらいには満車になってしまうので、できれば、バスや電車で行く方が無難です。特に帰りは周辺の道路が渋滞が起きますので、渋滞を抜けるまで2時間ほどかかります。かなり大変でした。

石ちゃん さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

当日は無料駐車場や臨時バスが用意されていてアクセスには問題はありませんが、狭い上に、とにかく混みスペースがすぐ埋まってしまいます。さらに、16時を過ぎると交通規制が始まってしまって車だと動きづらいです。場所にこだわらない方は県庁の屋上スペースや上毛橋、新坂東橋の上から見るていう手があります。この花火大会はスターマインの他に虹のナイアガラや空中ナイアガラと変わった花火を見られるのが特徴で、虹のナイアガラはとても綺麗でした。また、空中ナイアガラ発祥の地としても有名です。

たかなしさんのファン さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

初めて出来た彼氏と一緒に行きました。地元の前橋花火大会。ドキドキワクワクしながら花火を見てました。彼氏が出来たら絶対に行きたいと思っていたイベントだったので楽しみにしていました。やはり、中盤の花火の綺麗さは忘れられません。彼氏とか多見合わせて本当に綺麗だよねと話しました。今でも、時々彼氏と花火大会の話をします。人の多さも少し気になりましたが、花火の綺麗さで我慢しました。なので、また次行く機会があれば是非行きたいと思いました。

キリト さん(20代男性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

前橋市の花火大会のメリットといえば、高い建物があまりないのである程度どの場所から見ても綺麗に見えるし、他の花火大会と違って見る場所が多いのでよく調べれば前もって場所取りなんかをしなくても充分に花火大会を堪能できる点ではないでしょうか。どの花火大会においても同じですが、メインの場所は確実に混み合ってしまいますが、穴場スポットを探し当てられるという醍醐味も一つの楽しみとして捉えて頂ければ確実に楽しめます。最後の花火の打ち上げが一番見所なのですが、帰りが混むからと早く帰るご家族やカップルにとってはそれを場所によって改善できる点がとても魅力的だと思います。

ゆいな さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 絶対に行きたい

当時付き合っていた彼氏と観に行きました。人が大勢いてとても混んでおり、車を停めるのも、屋台の通りを歩くのも大変でした。夕方の明るいうちから場所どりをしている人も多くいるくらいです。オススメなところは打ち上がる花火の数が多いことや、旬の音楽に合わせて花火が打ち上がるところです。テレビでも中継されており、一度インタビューを受けた経験もあります。直接会場まで足を運べない人も高画質な映像で見ることが出来ます。

くまぽん さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

とても近くで花火を見物する事が出来るので、迫力がすごいです。地方の花火にしては玉数も多く、時間も長いため、とても見応えがあります。オープニングとエンディングの花火は特に力が入っていて、花火の光で、まるで昼間の様な明るさになります。利根川にかかる空中ナイアガラも目玉の一つです。橋の端から端まで花火が渡してあり、端から火がつき滝の様に花火が降り注ぐ様は圧巻です。毎年観客からも拍手が上がるほどです。河川敷で見ると花火が上がった時のドーンと言う音が身体に響くのを体験する事が出来ます。