第42回 流山花火大会 (2018)

最終更新日

千葉県流山市で開催される「第42回 流山花火大会(ながれやまはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の流山花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/25(土) 19:00~20:20
荒天の場合 打ち上げ数
8/26(日)に順延、延期日も荒天の場合は中止。 約14,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/1013950/1013951/1018643.html 04-7168-1047
流山市流山本町・利根運河ツーリズム推進課
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

流山花火大会の会場は、流山市にある「流山1丁目~3丁目地先 江戸川堤」です。

流鉄流山線流山駅または平和台駅から徒歩5分。

会場に駐車場はありません。

見どころ

江戸川の広大な河川敷で埼玉県三郷市と開催する花火大会で、合わせて約14,000発を打ち上げる。花火と音楽がシンクロする「流山スカイミュージカル」やスターマイン、連発花火などが見どころ。

参考動画

SNSで口コミチェック

流山花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

ブラスト さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

引っ越してきて去年初めて、花火大会に行きました。覚悟はしていましたが相当な混雑だったため、子連れではちょっと気疲れしてしまいました。しかし花火の方は、約一時間キレイな景色を見せてもらいました。子供も間近で花火を見るのは初めてだったので、とても喜んでいましたし長すぎず集中してみてくれたお陰で私達夫婦もゆっくり観賞出来ました。職場の人に音楽に乗せて、打ちあげられる花火が見物だと聞いていましたが本当に感動しました。

かぼす さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

流山花火大会は地元の人に愛されている花火大会です。昔は流山単独でやっていたので、打ち上げられる花火の数が少なく、迫力に欠けていました。しかし、近年は埼玉県の三郷市と合同でやることによって、一万発以上打ち上げられるようになり、とても迫力のある綺麗な花火大会になりました。千葉県民、埼玉県民共に愛される花火大会となり、混み合っています。埼玉県民は三郷駅から近い土手から観る方が多いです。千葉県民は平和台駅から南流山駅から歩いて距離はありますが、そこで観覧します。

しなこん さん(30代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

まず、街自体がそんなに交通網が良くないので、たどり着くまでにかなり疲れてしまった印象があります。花火自体は近隣で行われる花火大会と同じくらいの数と内容ですが、音楽との融合を打ち出しており、その点が新鮮でした。花火のコンセプトにあった音楽が流れていたので、単に花火を見ているだけでは感じない様な感情を持ちました。花火自体のインパクトは無くても音楽と合わせるだけで、あそこまで情緒が増すなら持って広まって欲しいなと思った事を覚えています。ただし、音の質はイマイチだったので改善してほしいなとは感じました。

あいこ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

毎年必ず参加しています。屋台は意外にも花火会場付近だけではなく、流山鉄道各駅に出ていることが多く電車に乗る前に屋台で食事を楽しんでから花火大会へ向かいます。三郷あたりからも楽しめるので、三郷のららぽーとやコストコで昼間ショッピングをしてから花火大会へ行けるので家族連れからデートまで楽しめます。花火の打ち上げ数はそこそこ多いと感じます。会場へ向かう時にオススメなのが流山鉄道です。普段は車両が2列程度のローカル線ですが、花火大会の日は車両が増えます。流山鉄道は車両ごとに愛称があり鉄道好きな方には花火とローカル線が楽しめる最高の花火大会です。

Natsu さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

流山の花火大会は、これまで何度か見に行ったことがあるのですが、なんといっても音楽に合わせて打ち上げる形の花火が一番の見どころになります。その年に流行った曲や有名な曲に乗せてリズミカルに打ち上げられる花火は、目と耳の両方で楽しむことができます。また、毎年三郷の花火大会と同じ日に開催され、流山の花火大会の観覧席からも見ることができるため、一度に2つの花火を楽しむことができるのもおすすめのポイントです。打ち上げられる花火の数、猫やハートなどの形の花火など、どれをとっても楽しめる花火大会だと思います。

ねこげんき3世 さん(20代男性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

土手に挟まれた利根川で打ち上げられる花火大会で、臨場感が非常に大きく感じられます。遠いところだと野田の利根運河のあたりでも花火を感じることができます。アクセスが非常に悪く、車での来場の際は規制がかかるためかなり早い段階での来場とかなり遅い時間での退場を覚悟しなければなりません。又、電車での場合も流鉄線とTXが通っていますが、流鉄線はあまり使う方がいなく、TXは遠いばかりか集中してしまうため乗り込むまでに時間がかかります。徒歩や自転車で来られるのであれば楽しめる花火大会かと思います。

まいこ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

河川敷に場所を取るため、お弁当を持って出かけました。花火が見られるポイントはかなり広範囲に渡っており、場所がなくて困ったということはありませんでした。2年連続で足を運びましたが、1年目は少し遠目から、2年目は少し打ち上げ場所の近くから花火を見ました。少し遠目でも、三郷側の花火といい具合に両方見ることが出来ました。打ち上げ場所から近いと人も多く、拍手や歓声が上がっていて盛り上がりました。流山に住んでいると思われる方が多く、マナーも良いように思いました。