天橋立「文殊堂出船祭」打上花火 2018

最終更新日

京都府宮津市で開催される「天橋立「文殊堂出船祭」打上花火(あまのはしだてもんじゅどうでふねまつり うちあげはなび)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、ツアー情報、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の天橋立「文殊堂出船祭」打上花火の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
7/24(火) 20:40~21:00
荒天の場合 打ち上げ数
小雨決行 約500発
参考リンク お問い合わせ
http://www.amanohashidate.jp/event/defune/ 0772-22-8030
天橋立駅観光案内所
注意

こちらは 2018年6月29日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年7月カレンダー ※開催日  

ツアー情報

天橋立文殊堂「出船祭」鑑賞プランがあります。詳細はこちら

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

天橋立「文殊堂出船祭」打上花火の会場は、宮津市にある「天橋立廻施橋付近一帯」です。

京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩5分。

京都縦貫道宮津天橋立ICから国道178号・府道2号経由で10分。

(駐車場:あり、17:00以降無料(1,000台))

見どころ

京都府宮津市にある智恩寺文殊堂の伝統行事です。

昔、中国から文殊菩薩を招いたときの歓迎行事の継承といわれています。

文殊堂で出船の儀式である文殊会(もんじゅえ)が行われた後、海上では約350本の松明に火が灯り、舞台の上で金銀2頭の龍と文殊菩薩の壮絶な戦いのドラマ「龍舞」が披露されます。

舞台の後には花火の打ち上げが行われ、夜空をスターマインなどの花火が彩ります。

参考動画

SNSで口コミチェック

天橋立「文殊堂出船祭」打上花火に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。