第48回 みなとこうべ海上花火大会 (2018)

最終更新日

兵庫県神戸市中央区で開催される「第48回 みなとこうべ海上花火大会(みなとこうべかいじょうはなびたいかい)」通称 神戸花火大会の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年のみなとこうべ海上花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/4(土) 19:30~20:30
荒天の場合 打ち上げ数
中止(順延なし) 当日15時決定 約15,000発
参考リンク お問い合わせ
https://kobehanabi.jp/ 078-333-3372
神戸市イベント案内・申込センター
注意

こちらは 2018年6月27日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

みなとこうべ海上花火大会の会場は、神戸市中央区にある「神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上より)」です。

JR三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電鉄神戸三宮駅から徒歩20分。

駐車場はありません。

見どころ

今年は神戸開港150年を記念し、打ち上げ数を15,000発に大幅に拡大するとともに、尺玉(30cm玉)を150発に増やし、文字花火も打ち上げられる。尺玉やスターマイン、仕掛け花火が神戸港一帯をまばゆく照らし出し、海と一体化した演出が見どころ。

参考動画

SNSで口コミチェック

みなとこうべ海上花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

ai さん(40代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 機会があれば行きたい

まず、ロケーションが神戸ということで、デートにはもってこいの場所です。海のそばということで、夏でも気分的に開放的になって涼しく感じられます。駅からも近く、花火大会が始まるまでは近くのショッピングモールumieで買い物も楽しめるし、ランチやディナーをする場所も沢山あります。花火は近くで上がるのでとっても綺麗に見えます。

夜遊び哲人 さん(50代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

昨年の話となります。以前は私の家のからでもこの花火が十分見られました。でも現在では空の景色も随分と狭められて来たのでいつしか興味を失っていました。兄の一家が久し振りに我が家を訪ねて来なければ出かける気にもなれなかったはずです。それ以前の記憶ではとにかく人の海の中で、黒い頭の隙間から見ただけという楽しくないことの方が多かったもので。港町という特質を活かした点では見応えのある花火大会です。それに舞い上がる花火と海面に乱射する風景は夏に相応しい美しさです。場所さえ確保すれば現在でも楽しめることを確認できてほっとしました。兄の娘達が小さかった頃はこの人出ではとても一緒できなかったでしょう。十分に成長した二人の姪と一緒に観ることができたことは幸運でした。花火が上がり出すとそれまでの待ち時間の長さも忘れ、様々な趣向を凝らした光の芸術を満喫でき、時間が早く流れるようでした。港も保安上の問題からか行き来がしにくくなった分だけ帰りの道も遠くなったかのように感じられ、この点は以前よりも不満でしたが。今年も彼女達が「行きたい」と言うかどうか微妙ですが、出かける機会が再びあればな、とも思うこともあるのです。観るだけなら十分にその価値はありますけどね。