第63回 道新花火大会 (2018)

最終更新日

北海道函館市で開催される「函館開港159周年記念 函館港まつり協賛 第63回 道新花火大会(どうしんはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の道新花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/1(水)
祭りは8/1~5の5日間開催
19:45~21:00
荒天の場合 打ち上げ数
8/5(日)に延期 約8,000発
参考リンク お問い合わせ
https://www.hokkaido-np.co.jp/hanabi2018/hakodate/ 0138-32-5130
北海道新聞函館支社
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

道新花火大会の会場は、函館市にある「函館港一帯 」です。

JR函館駅から徒歩5分。

駐車場なし。マイカー来場不可。

見どころ

「函館港まつり」のオープニングを飾る花火大会。5部構成のプログラムで、ワイドスターマインや水中花火、仕掛け花火などの音楽に合わせた花火は圧巻。最大で10号が打ち上がる予定。

参考動画

SNSで口コミチェック

道新花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

kitaguniGG さん(50代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

毎年、全道の各地で行われる花火大会です(2018年は14ヵ所)。その中で、旭川の花火大会に行きました。石狩川の土手に観客席がありますが、5時ころには結構人がいっぱいでした。打ち上げは19時45分頃から始まります。北の大地の、夜空は綺麗で、花火が一層綺麗に見えました。最後の10分くらいは打ち上げ花火が怒涛のようにこれでもかと、続けて上がり、とても迫力がありました。花火終了後、当日は、旭川夏祭りの最中ですので、花火の余韻が冷めやらぬうちに夜店を見物して、これもとても楽しかったです。

ロード さん(20代男性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

道新花火大会は北海道の中で無料で見れてなおかつ札幌でやる大きな花火大会だと思います。豊平川沿いで打ち上げられる花火はとても綺麗で札幌の街の中であげられることを忘れさせてくれるような花火大会です。また打ち上げ数も多く沢山の見どころがあるのでとても賑やかで楽しい花火大会だと思います。また、交通面がしっかりしている場所なのでとても混雑はしますが、人々の会話が楽しそうに聞こえ、笑顔が溢れる場面を見れるところもなお良いと思います。

ななこ さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

道新花火大会は北海道の数か所で毎年開催される花火大会で、私は札幌・帯広・室蘭・苫小牧で見たことがあります。どこも迫力がすごいです。大きな花火が次から次へと打ちあがるので、結構離れた場所でもしっかり見れます。苫小牧は港まつりで花火が上がってましたが、祭り会場から少し離れた場所で打ち上げだったのにキレイに見れました。一番はやっぱり札幌ので、テンポよく大きな花火がたくさん上がっていてとてもキレイでした。道新主催の花火大会は道内の花火の中でもかなり規模が大きいので、家族連れにもカップルにも人気なので激コミしますが、それでも毎年見たくなる花火です。