宮島水中花火大会 2018

最終更新日

広島県廿日市で開催される「宮島水中花火大会(みやじますいちゅうはなびたいかい)」の2018年(平成30年)の日程や打ち上げ数、アクセス(駐車場)、見どころなど最新情報をお届けします。

2018年の日程

2018年の宮島水中花火大会の開催日や打ち上げ時間、打ち上げ数などは以下の予定です。

開催日 打ち上げ時間
8/25(土) 19:30~20:30
荒天の場合 打ち上げ数
9/1(土)に延期(雨天決行) 約5,000発
参考リンク お問い合わせ
http://www.miyajima.or.jp/event/event_hanabi.html 0829-44-2011
宮島水中花火大会実行委員会((一社)宮島観光協会内)
注意

こちらは 2019年2月11日 時点の情報です。なお当サイトでは、当日の最終確認はしておりません。そのため、公式サイトまたは運営者に直接連絡するなどし、開催の有無を確認してからお出かけいただけますようお願い申し上げます。

2018年8月カレンダー ※開催日  

周辺ホテルのご案内

下のリンク先で、会場周辺にあるホテルや旅館の一覧が見れます。宿泊を考えている方はぜひご活用ください。

注意

会場付近の宿泊施設は、早い段階で満室になる可能性が高いです。宿泊をお考えの方は早めの予約をおすすめします。

会場へのアクセス

宮島水中花火大会の会場は、廿日市にある「嚴島神社 大鳥居沖合いの海上」です。

JR宮島口駅から徒歩約5分 宮島口桟橋から船で宮島港行約10分 終点下船すぐ、広島港から宮島港行瀬戸内シーラインで約30分。

駐車場はありません。

見どころ

水中花火に使われる尺玉の多さが特徴。打ち上げ花火、水中花火が炸裂すると、大鳥居がシルエットのように幻想的に浮かび上がる。会場には約500隻の観覧船が浮かんでいて、間近で見る花火に歓声が絶えない。

参考動画

SNSで口コミチェック

宮島水中花火大会に関するインスタやツイッターなどの投稿を見たい人は、下のボタンをクリックしてください。

口コミ投稿一覧

吉田の吉田さん さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

水中花火だけあって、船の上から見るのが一番のオススメです!水上にキレイにあがる花火は他ではなかなか見ることができません。ただ、地元の方で船を持っている人でないとなかなか難しいかもしれません。そんな人は、宮島まで渡って鳥居の見えるところから一緒に花火を見るのも趣があって良いと思います。当日は花火を目当てに午前中からたくさんの人が宮島へ渡るので、宮島観光も兼ねて、早めの行動をする方が良いかと思います。

サマー さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

水中から上がる大きな花火と、宮島の鳥居の情景は、まさに極上の癒しです。世界遺産と水中花火の組み合わせは、他にはなく、宮島ならではで、とても神秘的です。足を運ぶにふさわしい花火大会であること間違いなしです。地元なので毎回行けることを幸せに思っています。フェリーから見ることもでき、船をチャーターして見ることもできます。島の陸地から見ることもでき、島に宿泊して優雅に見ることもできます。または宮島に渡らずに見ることも可能です。どこから見てもまさに絶景ですので、おすすめです。

あらびき さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

世界遺産としても有名な宮島の花火大会は迫力満点で一度はぜひ見てみるべき花火大会です!大鳥居が花火の中に浮き立つ水中花火は見どころのひとつで、他にはない花火を楽しめること間違いなし!上からも下からも打ち上げられる花火と大鳥居のコントラストはインスタ映え必至です。宮島にはフェリーで渡れるため、花火大会の前から旅行のようなワクワク感も楽しめるはず。宮島にはたくさんの屋台や商店街もあり、おしゃれなカフェもあるので、彼氏と花火大会デートにもおすすめです!

パン さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

花火は夏の楽しみ。宮島水中花火を見くに時には時間と場所取りが大事ですね。桟橋から見るのもよし、船で宮島に渡るのもよし、宮島の鳥居も一緒に花火の時に入りとっても綺麗ですね花火が始まるまで観光もでき揚げもみじ、カキ、宮島には宿もあり、予約をして帰りの混む心配もなく楽しめますよ、朝の宮島も静か時間が流れてまた違った顔が見れたりしていい思い出と楽しい時間を楽しむのもいんじゃないかと、宮島には厳島神社以外も、お寺、山、食べものたのしめる

クリキン さん(30代男性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

普通の花火とちがうところが興味を引かせます。かなり綺麗です。水の中から花火がどんどんでてくる印象でみている人の心をわしづかみすると思います。子供はかなり大喜びしますよ。人生のうちで一回は必ずみて損はないと思います。水中花火は150発、他5000発あがりますので普通の花火も楽しめますよ。ただ人が多すぎて多すぎてみたあと帰るのはどこの花火大会でもですけれど疲れますよ。かならずホテル予約をおすすめします。ゆっくり帰れますしね。

けいけい さん(30代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

世界遺産である宮島の厳島神社周辺から見ることのできる花火大会として大変人気があります。当日は早くから場所を取るためにたくさんの人で島が賑わいます。宮島ならではの水中花火が圧巻です。鳥居と花火をカメラで撮影すればフォトジェニックでもあるため三脚を持ったカメラマンにも人気です。行きも帰りもフェリーを使用しなければならないため、特に花火終了後の宮島側の桟橋は帰りの客が集中するため大変混み合います。フェリーを待つのに1時間以上はかかると覚悟しておいたほうが良いです。

あやか さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★★
また行きたいか 絶対に行きたい

水中花火なので海から上がる花火がすごく見ごたえがありました。宮島に渡ってみることもできるし、渡らずに見ることもできます。私は渡らずに見ましたが、それでもすごく綺麗でした。全体的に周りの建物も低いのでどんな場所でも見ることができます。屋台も多く出ていたので、食べ物も楽しみながら見ることができました。また、土地柄なのかもしれませんが、迫力があることもあり、周りの見物している人たちの反応もすごく良く、それもまた感動したことの1つです。次回はぜひ宮島に渡って花火を見てみたいと思います。

たきまろ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

宮島水中花火大会は規模が大きくて、特に打ち上がった花火が水面に映る様子がすごく素敵で綺麗だった。迫力があって見入ってしまうほどだった。みる場所が限られているので人の多さに人酔いしてしまった。露店がたくさんあったので良い匂いに誘われて思わずいっぱい買ってしまったけど、宮島内で空いている食事やさんも少ないし人が多いので十分お腹も満たせた。帰りのフェリー乗り場は思わず息苦しくなるくらいの人で溢れているので少し注意が必要だと思った。

らぽぽ さん(20代女性)

星評価するなら ★★★☆☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

宮島の花火大会は、船で、宮島に渡ります。とにかく人が多いですが、頭上で花火が大きく見えるのは圧巻です。周りに建物がないので、視界を遮られる事がありませんので、花火が本当にきれいに見えます。ただし近年は高校生等の学生が増えて、会場はとても騒がしいです。高確率で、知り合いに会ってしまいます。私は高校の担任が彼女と来ている所に遭遇して、気まずかった思い出もあります。しかけ花火も、毎年趣向を凝らしていて、見事です。帰りの船は行列で、なかなか乗れません。

あおい さん(30代女性)

星評価するなら ★★★★☆
また行きたいか 機会があれば行きたい

宮島水中花火大会は、広島の花火大会の中でも有名で、世界遺産である厳島神社の鳥居とのコントラストがまた綺麗で絵になる。水中花火の海から打ち上げられ、水面にも花火の光が映し出されるシーンは一度は見ておきたいほど見とれてしまうものだった。宮島へ船で渡ると、正面から花火がよく見えるが、花火大会当日は人の混み具合が激しく、一度宮島に渡ると帰りはなかなか帰れない。帰るのに何時間もかかってしまい、疲れがどっと溜まった印象が残るのが残念だと感じた。宮島に着いてからも人が多すぎて、絶景ポイントまでたどり着けない。状況が許されるのなら、競争率は高いが、宮島の宿泊施設を予約して花火を最初から最後までゆっくり見ることがオススメだと思った。